松陰塾久保田校の梅﨑です。

昨日は、県内公立高校の特色選抜試験日でした。

受験科目数が少ないことや、高校によっては実技科目が入っていたりと、

自分の得意分野を発揮できる反面、

募集定員が少ないため必然的に倍率が上がり「狭き門」ではあります。

当塾の生徒も全員、この特色選抜に挑みました。

ここ数日の寒波で、試験前日は、当塾周辺もこの冬一番の積雪に見舞われました・・・

体育の実技科目が含まれる生徒もいたので、雪が降らないように「てるてる坊主」と、

みんなの実力が発揮できるように「願掛けだるま」の2役をこの雪だるまに託しました!

いい歳したオバチャンが、

平日昼間に庭で一人ころころ、ころころ・・・

住宅街の一番奥、突き当りにある、この条件でこそなせる業(笑)

われながら、そこそこ上出来だと自負しています。

もちろん、受験生の生徒だけでなく、

小学生の生徒たちにも大好評でした(≧▽≦)

その甲斐あってか、当日は積雪もなく

生徒たちも「出し切った」と晴れ晴れした顔で来塾してきました。

(この雪だるまを見て、「先生、暇人!?」と突っ込まれましたが、「誰のために作ったと思っとるんだ!」と反論しました(笑))

生徒には、今回の特色選抜は、入試本番の雰囲気を味わうためのもので、

あくまでも本番は1か月後の一般入試だから、「受かれば儲けもん」ぐらいの気持ちで

力まず雰囲気を楽しんで来い、と伝えていました。

そう、これからが正念場です。

最高のモチベーションを保ちつつ、一緒に乗り切っていきます(^^)